水戸戦 体を張らない試合

プレビュー

本日は天皇杯2回戦です。

水戸との対戦をホームで行います。

勝ち抜いていくとJ1チームとの対戦になるので、基本的にはアウェーゲームになります。

まあ、まずは目の前の試合を勝たなければ関係ないですから、今日の試合です。

ポイントはメンバーの違いだと思います。

エスパルスはリーグ戦仕様、つまり現時点でのベストメンバーで臨むと思います。

先週は夏の連戦後ということもありましたし、他のメンバーの見極めをということで、大きくメンバーを変えてきました。

ただ、ここでも休ませると2週間実戦から遠のくので、試合勘にも影響があるでしょう。

怪我等がなければ、普通に横浜FC戦と同じメンバーになるでしょう。

一方水戸は、未消化試合がミッドウィークに組まれています。

長崎のアウェーゲームとなるので移動も含めて厳しい日程となりますね。

おそらくメンバーは固定できないと思います。

天皇杯仕様のメンバーで臨んでくるでしょう。

なので前回対戦のイメージ通りのゲームとはならなそうです。

前回は8-0で大勝の後のゲームで、わずかにシュート3本の試合でした。

8本シュートを打たれましたが無失点で抑えられたので、勝点1は取れましたが、今季のワーストゲームかもしれません。

怖いのはエスパルスが受けに回った時ですね。

今日の対戦についてはエスパルスのほうがポジティブな状況です。

そういう状況なると、選手たちも次を想像してしまうところがあるでしょう。

次というのはリーグ戦です。

その部分が天皇杯のゲームを難しくするところだと思います。

相手のメンバーが変わることで、組織力は低下すると思います。

そこに余裕を感じて試合に望むと、絶対に痛い目にあいます。

相手のメンバーの中には、この試合に賭けて来るメンバーもいるはずです。

組織力が低下していれば、なおさら個のモチベーションが良い方向に発揮されるはずです。

それに対して受身の態勢でいれば、勢いで上回られるでしょう。

エスパルスの大目標が明確なだけに、この試合のモチベーションは低いでしょうね。

この試合で足がつるまで走る選手はいないでしょう。

怪我を恐れずに身体を張る選手はいないでしょう。

上手くボールを回して圧倒できれば楽な試合ですが、そういうわけにも行かないでしょう。

エスパルスは前から強めにプレスに行けば詰まるということは、これまでの試合で露呈しています。

大学生相手にもそうでしたからね。

水戸は固く戦ってくるのは間違いありません。

中々崩せないので、相手にリズムが生まれてくることになりかねません

その前にゴールが生まれればいいのですが。。。

また今日も難しいゲームになりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『水戸戦 体を張らない試合』へのコメント

  1. 名前:Chrinstine 投稿日:2016/09/10(土) 19:14:35 ID:d88a8ea6a

    Hi, I do think this is a great blog. I stumbledupon it 😉 I may come back once again since I book marked it.
    Money and freedom is the best way to change, may you be rich and continue
    to help others. http://bing.org