エスパルスのケガ人情報

エスパルス

大前元紀の復帰など、けが人復帰と夏のウインドー期間の補強により層が厚くなってきています。

ただ、まだ離脱している選手はいますが、シーズン中に戻ってくることは出来るのでしょうか?

けが人情報は以下のとおりです(公式抜粋)

デューク 4月21日 全治6ヶ月 左膝前十字靭帯損傷

犬飼 7月25日 全治2ヶ月 左足関節脛腓靭帯結合損傷

川口 7月29日 全治2ヶ月 右腓腹筋肉離れ

西部 7月27日 全治未定 筋腱損傷 右大腿直筋肉離

鎌田 4月9日 全治6ヶ月 左膝前十字靭帯損傷

公式リリースから拾うと、こういったリリースが出されています。

ケガの箇所や症状により、全治後の合流は異なってきますが、全員スタメン経験のある選手たちです。

戻ってこられれば戦力になることは間違いないですね。

9月~10月に全治を迎える選手ばかりです。

11月の4試合には全員がチョイスできる状態になっているといいですね。

※公式ページでは「怪我」ではなく「ケガ」で表記されているのですね。

検索に戸惑いました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『エスパルスのケガ人情報』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/09/06(火) 07:06:01 ID:37b994a1b 返信

    こうして見てみますとJ1戻らないと戦力維持は難しいですね。
    戻っても今回は戦力整理は避けられない状況ですね。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/09/07(水) 06:23:52 ID:8e2c94040 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    今年は赤字覚悟で人件費を据え置きで臨んでいるようですが、来季J2のままだとクラブライセンスの関係もあり、大幅削減になる可能性もありますね。