左伴社長のメッセージ 「待ってろJ1!!」

エスパルス

公式ページに社長からのメッセージが掲載されています。

一部抜粋して触れていきたいと思います。

1)「攻守の切換えの早いゴールに向かうサッカー」

これをめざすために

フィジカルを鍛え、守備の整理、攻撃のバリエーションの構築、メンバーの固定化、ゲームマネジメントの共通理解、と順を追って進めていっているとのことです。

確かに水戸との天皇杯のゲームではそれを感じることができました。

相手のメンバーがフルメンバーではなかったですが、こちらがリーグ戦のメンバーで臨んだ時にその差を見せることができました。

2)終盤戦の波乱模様の時期に手堅く勝ちをもぎ取れるチームには

「フィジカルの落ちない厚い選手層」

「冷静な決定力のあるFW」

「経験豊富なベテラン」

がいるというように分析をしています。

エスパルスもそういう選手層があるとしています。

厚い選手層というのはいろいろな判断があると思います。

ただエスパルスには決定力もあり、経験豊富なFWは存在しています。

累積で出場停止になるタイミングが非常に怖いですね。

上位チームとの対戦の時に重なってほしくないですね。

3)「待ってろJ1!!」

シーズンの終わりに皆様と握り拳を挙げて「待ってろJ1!!」と叫べるように。

と締めくくっています。

私達もそのシーンを強くイメージして、残り12試合に関わっていきたいですね。

そして「待ってろJ1!!」を現実にしたいですね。

「チーム一丸に」というメッセージなのだと思います。

カテゴリはJ2ですが、昨シーズンの今の時期よりも前向きなのではないでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加