次節対戦のモンテディオ山形分析

分析

3週間ぶりにリーグ戦が再開します。

天皇杯で連勝したり、元紀の鮮やかな復帰があったりと、明るいニュースが続きますが、リーグ戦はもう落とせない状況ですので、危機感を持って臨んで欲しいですね。

再開初戦はホームに山形を迎え撃ちます。

山形は現在9試合勝ちなしと不調にあえいでいます。

ただ、天皇杯では勝ってきているので、状態の変化というものがあるのかもしれません。

ここまで山形は

7勝10分13敗 28得点 35失点

という成績です。

得点はエスパルスの半分以下です。

リーグ19位の得点力ですね。

チームのトップスコアラーも6得点と振るっていない状況です。

攻撃回数 7位

シュート数 13位

成功率 19位

得点 19位

というデータがあるので、攻めてはいるもののゴールにつながらないことが多いということですね。

エスパルスとしては攻撃から守備への切り替えをしっかりすれば、防げるのではないでしょうか。

失点パターンはセットプレーからの失点が約4割となっています。

またクロスからの失点も23%で、この2つで6割の失点パターンです。

エスパルスのセットプレーからの得点率は7%と異常な数値ですので、クロスからの得点に期待ですね。

あとは相手はタックル数がリーグ1位です。

ボールに食いついてくる傾向がありますね。

そういった場面で剥がすことができれば、間違いなくチャンスになります。

うまく食いつかせていなすような余裕があるプレーを見たいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加