第32節を終えた時点での数字分析

分析

32節を終えた時点での数字分析です。

勝点 57 4位(1.78)

得点 62 1位(1.93)

失点 31 6位(0.96)

得失点 31 1位

ネガティブメーター 残10試合 7ポイント

前節は上位陣で勝利したのはエスパルスとC大阪だけです。

順位を1つあげて4位になりました。

自動昇格圏まであと4となりました。

2位の松本も決して勝ち点を落としている状況ではありません。

直近5試合で9ポイントあげています。

やはりそれを上回るには連勝しか無いということですね。

そういったことが顕著に現れています。

この5試合では13ポイントを上げてエスパルスが首位です。

残り10試合も同じペースで行ければ最終的には83ポイントになります。

最終目標を達成できることを体現できたことは大きいですね。

実現可能の目標であるということを知ることができました。

ただ状況が前向きになりましたが、勝たなければならないという状況は変わりません。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第32節を終えた時点での数字分析』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/09/20(火) 20:15:49 ID:9e72f6de1 返信

    勝ち点で、並んでしまえば群馬貯金が生きます。
    最終節で上位が引き分けて、エスパが勝って、ハナ先で上位に立つなんてこともあるわけです。
    勝って、勝って道を開くのみです!

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/09/21(水) 07:56:14 ID:d3f913f8a 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    得失点差はホントに大きいですね。
    一般的にリーグ戦は順位と得失点が比例するので、その傾向にハマった結果になって欲しいですね。