天皇杯3回戦 輝きを見せた選手

レビュー

天皇杯3回戦が行われました。

ケガから本田、犬飼が復帰し、高木和の初出場となりました。

また福村のボランチも公式戦で試されました。

全体的な印象はピッチが濡れていることもあり、お互いにミスが多い試合となりました。

トラップが足元に入ってしまったり、少し流れたりとしていました。

そういったミスを気にして、トラップの際に自分の足元を見てしまうというシーンも多く見られて、テンポが中々生まれてこなかったですね。

特に攻撃では最後の部分で精度が低かったですね。

ゲーム感からくるものなのか、次のプレーの予測を持たないまま、ボールにアプローチをしていたのではないかと思います。

クロスを中にだれもいないのに入れてしまったり

ゴール前に勢い良く入りすぎて、マイナスのボールとしてしまったり

ピッチのコンディションを考えずに裏のパスを出してしまったり

等、色々とありました

そんな中でも、ゼロに抑えたこととセットプレーで得点を上げたことが大きいですね。

犬飼、三浦の若いCB陣は、今のレギュラーよりも前に強いことを示してくれました。

高木和もようやくエスパルスでスタートを切りました。

元紀のキックでCKからまた得点を生み出しました。

復帰前はキッカーを務めていてもゴールを生み出せませんでしたが、復帰後は3戦連続セットプレーでゴールを導いています。

収穫は本田のプレーですね。

1人だけ違った活躍で、輝きを見せてくれました。

ほんと色んな所に顔を出していました。

攻撃でも守備でも「また本田!」という印象でした。

またワンステップでのフィードの精度はさすがでしたね。

濡れたピッチでも長いパスをピタリと合わせるのは、レベルの高いプレーでした。

リーグでもエダのポジションに河井を持っていって、ボランチを本田にしてもいいのではないかと思うほどの出来でした。

ただ、60分しか続かないのは相変わらずの課題です。

本田のパフォーマンスが落ちてくると、チームが間延びしてしまい、相手にセカンドボールを拾われ続ける展開となってしまいました。

大分のクロスとシュートの精度が低かったために無失点で抑えられましたが、J1のレベルであれば間違いなく逆転をされていたと思います。

まあ、結果は無失点で抑えて勝利ということで良かったです。

復帰戦やデビュー戦など不安点はありましたが、公式戦の連勝を繋ぐことは大きいですね。

勢いが削がれること無く、アウェイ2連戦に臨めます。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『天皇杯3回戦 輝きを見せた選手』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/09/23(金) 06:53:28 ID:94a0f826f 返信

    まさか高木和でくるとは思いませんでしたが、見事にクリーンシート達成。
    まずは良いデビューだったと思います。
    最近陽介がしつこいマークを受けているので、目先を変える意味でも右SHは私も同感です。
    ホンタク入るのは守備の引き締めにもなります。

    また犬飼、ゲンタが計算できるとカクさんも一列上げられる形も取れます。
    松本、C大阪だと肉弾戦率も上がるので固い守備は必要でしょう。

    9月25日まで望みは繋がりました。
    あとはやるだけ!
    勝つだけ!
    です。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/09/24(土) 07:28:14 ID:381a29df8 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    高木和は当日の朝に言われたようですね。
    最初のセーブで落ち着けたのではないでしょうか。

    松本戦とC大阪戦は犬飼や弦太を投入できるような展開になっているといいですね。
    そして抑えきって最高の瞬間を迎える。
    こんな日曜日になるといいですね。