第33節を終えた時点での数字分析

分析

33節を終えた時点での数字分析です。

勝点 57 5位(1.72)

得点 62 1位(1.87)

失点 32 6位(0.96)

得失点 30 2位

ネガティブメーター 残9試合 4ポイント

松本との直接対決に破れ、2位までのポイントが7に開き、自動昇格は絶望的になりました。

合わせてシーズン当初の目標を達成するには、残り9試合で8勝1敗、もしくは7勝2分という成績が必要です。

仮にこの成績で乗り切って、松本が6勝1分2敗以下であれば上になることができます。

現実はこのように厳しい状況です。

これまでのポイント獲得率で行くと最終ポイントは73あたりになりそうです。

昨シーズンに照らし合わせると4位が最終順位となります。

これからは1つの結果が持つ意味が大きくなります。

これが33節を終えた時点での現在位置です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第33節を終えた時点での数字分析』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/09/27(火) 17:57:26 ID:c8092b4af 返信

    気持ちとしては全勝ですが、
    C大阪以降の対戦相手も同様なエスパ対策できそうですね。
    (ピッチは無理かもしれませんが)
    エダの離脱は響きますね。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/09/28(水) 06:15:01 ID:95ff08a8b 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    対策された上で、更に上回るということが必要なのですよね。
    J1で戦うと行っている以上は。