町田戦 アクチュアリングタイムが長い展開に

プレビュー

今節は代表の日程の関係で土曜日開催となります。

3連休のアタマの試合でもありますし、もう少し動員があればいいのですが苦戦をしています。

終盤戦ですが、自動昇格が見えてこないと状況は変わらなそうですね。

エスパルスはここ3試合先制点を奪われる苦しい展開です。

水戸とC大阪には劇的な逆転勝利をしましたが、何度も繰り返せるようなものではありません。

「先制⇒中押し⇒ダメ押し」

理想を言えばこういう展開にしてほしいですね。

右サイドのメンバーが不透明ですが、石毛と弦太で臨むのでしょうか。

いい部分も悪い部分もありますが、数をこなさないと精度は上がってこないので、同じメンバーかもしれないですね。

前節の失点も右サイドでしたし、不安はありますがしっかりとプレーしてもらうしか無いですね。

また元紀の先発が明言されています。

監督もめぐり合わせとも言っていますし、町田にたいしてはブーイングも出るでしょう。

変な雰囲気で試合が進んでいくのは避けたいですね。

相手はイエローやレッドが多いチームです。

球際の激しさが少し行き過ぎた感もあります。

技術を激しさでカバーしようというのでしょう。

それはわかりますが、雰囲気がおかしくなると更に激しくなる恐れがあります。

レフリーにはうまくコントロールしてほしいですね。

エスパルスのサポーターと選手も、今日はいつもより敏感であることは間違いありません。

大切なのは前掛かりになる相手をしっかりと外すことです。

ホームのピッチはボールが走るので、その特性をしっかり活かしてほしいですね。

接触プレーを怖がってはいけませんが、ボールを動かして機会を減らすという意識は必要です。

相手もコンパクトにくるので、狭い局面で回すことが多くなるかもしれませんが、スペースを使えるとチャンスも出てくるでしょう。

C大阪戦では中からのゴールでしたが、そのイメージが強すぎると相手のプレスに嵌ってしまうかもしれません。

うまく中と外を使って、相手を広げていきてたいですね。

守備では相手はボールを奪ったら一気にスペースに走り込んできます。

この戦いを90分続けられるチームでもあります。

エスパルスもボールを失ったときの切り替えは早くしなければなりません。

前節は気温のこともありましたが、帰陣が非常に遅い場面も何度もありました。

そして戻ったあとも、しっかりとボールホルダーに対してプレッシャーを掛けてほしいですね。

前節のアクチュアリングタイムは

C大阪-エスパルス 61.06

と非常に高い数値です。

一方

町田-東京V 47.15

とかなり短くなっています。

試合をずっと動かす展開になれば、エスパルスのペースと言っていいでしょう。

この数字も展開の目安になるのかもしれませんね。

記事を書いていて、非常に当たり前のことを書いているなと思いました。

この試合では当たり前のことが必要なのかもしれません。

基本に立ち返り、3試合ぶりの先制点をあげて、ゲームをコントロールしてほしいですね。

勝ち点3を積み上げて、一つでも順位を上げていきたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『町田戦 アクチュアリングタイムが長い展開に』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/10/08(土) 09:13:13 ID:e0f2d6394 返信

    戦い易い環境であれば良いですね。
    険悪なムードだとよくないですね。