第36節を終えた時点での数字分析

分析

36節を終えた時点での数字分析です。

勝点 66 4位(1.83)

得点 69 1位(1.91)

失点 33 5位(0.91)

得失点 36 1位

ネガティブメーター 残6試合 4ポイント

上位との対戦が多い岡山が、松本とC大阪から勝ち点2ずつ奪っています。

岡山目線で言えば勝ち点4を失いました。

それにより少しエスパルスの景色が変わりました。

最近の成績は7戦6勝と非常にハイペースで勝ち点をあげています。

このペースで行けばあとワンチャンスあるかもしれません。

他力でありますが、それを信じて勝ち続けるしか無いですね。

上位のチームはプレッシャーがかかってきて勝ち点を取れなくなる可能性もあります。

エスパルスが勝ち続けることが一番のプレッシャーになります。

ただ札幌も松本も負けませんね。

それぞれ直近の試合では3勝2分です。

まあそれでも優勝、自動昇格ペースの勝ち点です。

もう少し落ちてくれるといいのですが。。。

最後まで諦めずに勝ちを積み重ねるだけですね。

それは変わりません。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第36節を終えた時点での数字分析』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/10/18(火) 13:42:24 ID:b66ebeb3c 返信

    音をあげず、
    音を上げさせる
    展開にしたいですね。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/10/19(水) 05:45:34 ID:f500949d6 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    何かが起きることを信じ続けましょう!