讃岐戦 風にもマケズ、連戦にもマケズ

レビュー

讃岐戦は苦しいゲームになりました。

コンセプトを持って90分戦ってきた相手に苦しみました。

やはり相手は失点をしないということがポイントでしたね。

システムも変更して、この1戦に臨んできました。

前半はなかなか縦につけることができずに、足元へのパスに終始しました。

また本田がいないこともあり、長い距離のパスも出ずに、一定のリズムとなってしまいました。

風の影響、連戦の影響もあったと思いますが、中盤でのパス回しが非常に苦しみながらのものに映りました。

それでもミスはしないということは、落ち着いてできているということなのでしょう。

そんな中、相手のミスで先制点を上げることができました。

この得点でゲームが落ち着いた感があります。

相手は風下の前半で0-0で折り返したかったと思いますが、それを崩したことで相手の守備の積極性を少し削いだ気がします。

後半も立ち上がりで追加点を取れたので、メンバーを積極的に変えることができました。

テセも足を引きずっていたということですし、重かったという白崎も交代できました。

連戦の中、少しでも休ませることができるのは大きいと思います。

ただゲームはそこからバタつきます。

状態が心配された植草の好セーブに救われました。

強行出場だったと思いますが、しっかりと仕事してくれました。

最後の失点は完全に集中が切れたものでした。

前節もそうです。

得点を取れているから勝ち点を取れていますが、この局面で連続してそういう結果を導いてしまっていることはいただけません。

昨日は得点も相手のミスによるものです。

そこを決めきることは素晴らしいことですが、それ以外のシーンでもっとできていたはずです。

決定機自体はそれほど多くなかったですね。

この局面はどんな形であれ勝てばよいのですが、残り2試合、もう一度しっかりと集中して、勝ち切って結果を待ちたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『讃岐戦 風にもマケズ、連戦にもマケズ』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2016/11/07(月) 20:02:05 ID:2863f54b0 返信

    流石に疲弊してきたのだと思います。
    もはや天皇杯は望外のものです。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2016/11/08(火) 06:55:06 ID:44552e58a 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    そうですね。
    終盤戦で体が重いのは目に見えてわかりましたね。