第40節を終えた時点での数字分析

分析

40節を終えた時点での数字分析です。

勝点 78 3位(1.95)

得点 81 1位(2.02)

失点 35 3位(0.87)

得失点 46 1位

ネガティブメーター 残2試合 4ポイント

しっかりと勝利を積み上げました。

シーズン当初の目標の80ポイントは目の前になりましたが、その数字では昇格できません。

さらにもう一つ積み上げた上で、どうなるか結果待ちです。

札幌が前節負けたので、松本と勝ち点が並びました。

昇格間違いないと言われていましたが、あと1つ落とせばPOに回る状況に追い込まれました。

直近5試合で1勝1分3敗です。

完全に終盤戦の疲労とプレッシャーによる失速でしょう。

そして勝ち点の余裕がなくなったので、相当追い込まれた状況にあると思います。

松本は16戦無敗です。

昇格ラインを気にしている状況から、優勝が見える状況に変わりました。

メンタルに大きな変化があるので、負けることは少し考えにくいかもしれません。

次節が大きなポイントになるでしょう。

札幌と松本はともにアウェーです。

何かが起きる雰囲気があるとすれば次節でしょう。

エスパルスはただ勝つだけです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加