岡山戦 普通に勝って終わればいいだけ

プレビュー

長かったシーズンも気づけばホーム最終戦となります。

ミッドウィークに天皇杯で延長を行いましたが、スタメンが予想される選手は出ていないので、過密日程ということはないでしょう。

ただ、途中交代で結果を残している北川と金子は120分走り続けていたので、状態は良くないかもしれませんね。

メンバーの状態もさることながら、攻撃のカードを切らなければならないという展開にはなってほしくないですね。

相手は守備の時には5枚のラインでゴール前を固めるスタイルです。

そこを崩すために、サイドハーフの活躍に期待したいですね。

左サイドの白崎、松原は相手をはがせます

右サイドの枝村は秀逸なポジションで、次のプレーを生み出します。

ここで1つ先手を取れれば、中のポジションも隙が出てくるので、決定機が作れると思います。

決定機さえ作れれば、2TOPは高い決定力があるので試合を決めてくれるでしょう。

ボールを持てる時間帯はあると思いますが、単調になっては相手の守備のリズムを作るだけです。

縦に入れるタイミングとそのボールの質にも気を付けてほしいですね。

守備ではセットプレーとクロスへの対応です。

中で跳ね返す強さは今はありますが、失点するようになってきていしまいました。

相手のパターンはわかりやすいので、しっかりと集中して守ってほしいですね。

7連勝の内容でやれば、間違いなく勝ち点3は取れるでしょう。

その戦い方をしっかりと表現することが今日の試合のポイントですね。

最終節は残っていますが、何か起こるとしたら今節ではないかと思います。

札幌がアウェーで千葉戦

松本がアウェーで町田戦

ホーム側は最終節では勝って終わりたいという気持ちも強いでしょう。

お互い通常のメンタリティを持ち合わせての戦いではなさそうです。

特に調子を落としている札幌は複雑なのではないでしょうか。

まあ、エスパルスは勝つしかないので、しっかりとホーム最終戦を勝って終わりましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加