転機は14節 グッドJOB賞 総合結果から

エスパルス

グッドJOB賞の特別ページがあります。

改めて見てみました。

2016シーズンのグッドJOB賞は下記のとおりです。

1位 鄭 大世

2位 白崎凌兵

3位 大前元紀

4位 北川航也

5位 河井陽介

このような結果です。

42試合で各試合1位を取った数も同じか確認してみました。

1位 鄭大世 11/42

2位 白崎凌兵 10/42

3位 大前元紀 6/42

やはり同じ結果となりました。

非常に興味深かったのは、今期一番順位が低くなった14節が転機だったのかもしれないということです。

14節から最終節まで29試合あるのですが、そのうちの20試合を鄭大世と白崎が1位を取っています。

中盤戦から鄭大世と白崎が安定したパフォーマンスを出していたということも見て取れます。

1つのデータも角度を変えてみると、いろんなことを語ってくれますね。

投票受付中!!

J1昇格記念企画「あなたが選ぶ2016シーズンMVP」

mvp

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加