天皇杯決勝を見て エスパルスとの差

エスパルス

昨日、天皇杯の決勝が行われました。

56大会ぶりの大阪決戦だったようですね。

結果は鹿島が川崎を下し、リーグに続き2冠を達成しました。

鹿島のリーグ優勝は、年間勝ち点が15差があっての優勝でした。

その結果は適当ではないと思っていたファンも多いと思います。

しかし、そのあとの

クラブW杯の健闘

天皇杯の優勝

この二つで、「リーグ優勝」という結果が正しかった

ということを自らのチカラで証明した形です。

連戦が続きボロボロになりながらつかんだ結果です。

鹿島というチームの哲学を感じるにはいられない結果でした。

決勝では、鹿島はセットプレーから2得点をあげています。

そこでも勝負強さを感じました。

最後の時間の使い方も上手かったですね。

エスパルスが逃げ切るときには、ほとんど責められ続けて、何とか凌ぐ。

というのがほとんどです。

鹿島はそんな時間帯でもカウンターの形がとれるのですね。

余裕をもって、時間を減らすことができていました。

「強いな」という感覚でした。

チームに根付いている「アイデンティティ」の差を感じましたね。

技術とはまた違う差を見せられた気がします。

それは決勝で戦った川崎もそうかもしれないですね。

4回鹿島に優勝の機会を阻まれているようですね。

2017シーズンはこういったチームと対戦できるわけですね。

勝ち点3をとる作業は2016年よりも大変ですが、それだけ価値がありますね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『天皇杯決勝を見て エスパルスとの差』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2017/01/02(月) 07:05:54 ID:100c90073 返信

    個人的にはカップ戦の強さとリーグ戦の強さは別物だと思います。
    カップ戦は決着をつけなければなりませんが、リーグ戦はドローで切り抜けて良い試合もあります。
    何れにしても強かさは必要ですけど。
    (´-ω-`)

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/01/04(水) 08:48:00 ID:613fc1cf2 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。
    確かにリーグとカップでの強さの質は違うかもしれませんね。

    「大一番」で勝てるチカラは、常勝チームが持つ文化だと思います