神戸戦レビュー 得点と内容以上の差

レビュー

2年ぶりのJ1での戦いは敗戦からのスタートとなりました。

立ち上がりから臆することなくチャレンジができたと思います。

前半は相手のプレスがほとんどなく、自分たちがボールを持つ時間も多くありました。

逆にエスパルスは前線から強いプレスに行き、相手のプレーを制限していました。

時には高い位置でボールを奪うこともできていました。

J2っぽい戦いなのか、相手も少し戸惑いは感じましたね。

ただ攻撃の際には、野津田のところでミスが目立ち、ゴール前まではいけなかったですね。

前半は共に決定機がないまま、互角という印象です。

しかしエスパルスは全力で戦っているのに対して、神戸は余裕がある感じでしたね。

一段高いギアでのプレー

その中で出てしまうミス

これにより90分の体力の不安がある前半終了でした。

後半になってから残念ながら神戸のペースで試合が進みました。

60分過ぎからは、エスパルスの選手たちの足が止まってきたように見受けられます。

それでもくらいついていきましたが、セットプレーからの一発で沈みました。

最後の10分は相手が試合を閉めにかかってきて、プレスが強くなりましたね。

そうするとエスパルスの選手たちのプレーは、質が落ちてしまったというのが現実です。

カウンターと村田の突破から2度ほどチャンスになりかけましたが、シュートには至らなかったですね。

60分のゲームであれば互角でした。

ただ90分という時間では、相手がコントロールしたゲームでしたね。

エスパルスの選手たちは、ミスも少なく、しっかりと連動して攻守に動けていました。

ただ、それでも決定機が作ることができなかった。

という開幕戦だったと思います。

また、イエローを3枚もらってしまった

ということからも苦しいゲームともいえるのかもしれません。

試合後は点差と内容以上に差を感じずにはいられませんでした。

神戸の出来も決して良かったわけではないと思います。

むしろエスパルスのほうが出来は良かったかもしれません。

ただ「決定機」が作れなかった。

という現実です。

必死に戦ったエスパルス

コントロールして戦った神戸

結果は敗戦でした。

継続によるレベルアップが必要です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加