広島戦プレビュー 戦い方の変更を強いられる

プレビュー

本日はアウェー広島戦です。

エスパルスと広島はともに開幕戦で勝利を飾ることはできませんでした。

広島は前線のメンバーが一新しており、その融合に時間がかかっている印象です。

また、けが人が多く若手を使わざるを得ない状況です。

チームの心臓ともいえる青山不在は大きいのではないでしょうか?

一方エスパルスも昨年のボランチを失っています。

ボールを回すにはこのポジションが重要です。

このメンバーが次々に代わっていくというのは、チームは不安定になります。

降格した年にそれを痛感しました。

フレイレ、六平、枝村あたりで構成すると思います。

ただ、サッカーの質は昨年のものとは変わるでしょう。

「ボールを回して崩していく」

ということをやっていると、広島は引いてセットしてしまいます。

であるならば、ボールを持たないと割り切って戦うのもありかもしれないですね。

基本戦術は重要ですが、そのピースがなければ、相手に合わせるのも一つです。

相手もゆっくりボールを回してくるチームです。

前線から上手くプレスがはまれば、高い位置で取れることもあるでしょう。

そこからのショートカウンターを徹底的に狙う

というのは、相性的にも悪くないはずです。

開幕戦もCBがボールを持てましたが、そこから運べませんでした。

30mライン進入回数はリーグ16位でした。

またシュート数も16位です。

攻撃として成立しなかったというのがデータにも表れています。

メンバーに適さない戦い方より、選択肢を絞って戦うほうが、今日の試合では合う気がします。

とはいえ前線から守備をしっかり行う

ということは生命線であることは変わりありません。

J1復帰の初得点

J1復帰の初勝ち点

J1復帰の初勝利

をチーム全員で勝ち取ってほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『広島戦プレビュー 戦い方の変更を強いられる』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2017/03/04(土) 13:35:01 ID:2d4823359 返信

    果たして得点をあげるのは組織プレーか個であるか。
    ただの初ゴールでは無い気がします。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/03/06(月) 06:01:18 ID:46413bcdc 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    組織プレーの流れからのPKでしたね。
    判定は少しラッキーだったかもしれませんが。