実るか 小林監督得意のコンバート

エスパルス

けが人が続出していますが、ボランチのポジションが特に多いですね。

その状況を受けて、コンバートの試みがありました。

週末の練習試合で、野津田がボランチを務めました。

昨年新潟でも少しやったようですが、あまりイメージはないですね。

監督や周りの選手からの評価は上々のようです。

攻撃のリズムがでたり、精度の高いボールが配給されたようです。

開幕戦は攻撃の停滞の一因となっていましたが、ポジションが下がってプレッシャーが少ないところでのプレーがというのが生きるタイプでもあるようです。

その位置からはミドルも狙えるので、1つの武器にはなりそうです。

開幕戦の試合前のシュート練習を見ても、独特のボールを蹴っていたのが印象的です。

守備には課題があると思うので、ファーストチョイスとはならなそうですが、攻撃的なオプションとしては面白そうですね。

小林監督得意のコンバートが実るといいですね。

けが人の穴を埋めるには、元気な選手が複数ポジションこなすというのも必要です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加