【鹿島戦プレビュー】満員のスタジアムでホーム初勝利を

プレビュー

第4節鹿島戦です。

今季の優勝候補の本命とされているチームが相手です。

これまで失点は、オウンゴールの1失点だけです。

アジアNO.1とされるGKクォンスンテ

日本代表の昌子、植田のCB

ボランチのレオ、永木、小笠原

このセンターでの守備力はリーグだけでなくアジアでも屈指のメンバーです。

1節 7本

2節 2本

3節 7本

これが今季の鹿島の被シュート数です。

ほとんどピンチを作っていません。

エスパルスが3連勝を果たすには、この守備をこじ開ける必要があります。

ただ相手とシステムがまったく被ります。

こういうゲームは個々の力量の差が出やすい傾向にあります。

特に鹿島は1つ1つのポジションで、個で戦えることがストロングポイントです。

攻撃しているときでも、あっさり奪われてしまうシーンも考えられます。

その時の切り替えが少しでも遅れると、一気にゴール前に迫られてしまいます。

ボランチとサイドハーフのプレーには、いつも以上に慎重さも必要かもしれません。

後、鹿島は何といっても勝負強さですね。

均衡した戦うに持ち込んだとしても、試合を決め切る力はチームの色でもあります。

特にリードされて終盤を迎えたら、がっちりとペースを握られてしまいます。

そういった意味でも、先に失点は避けなければなりません。

アウェーで連勝した勢いはエスパルスにもあります。

J1復帰ホーム初勝利を、昨年のチャンピオンチームからあげれば、自信もつくでしょう。

3連勝となれば、景色も多きくかわります。

正直苦戦が予想されますが、同じカテゴリのチーム相手なのでひるむ必要はないです。

ホーム初勝利を満員のスタジアムで味わいたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加