【ルヴァン札幌戦レビュー】個人のパフォーマンス

レビュー

ルヴァンカップ第2節も敗戦となり、連敗スタートとなりました。

初めての組み合わせやポジションということもあり、チームとしては機能しなかったですね。

その中でも、セットプレーで失点してしまったというのは、いただけないですね。

リーグ戦のメンバーよりも高さ的には揃っていたメンバーです。

チームの悪癖のようにしみついてしまっているもののようですね。

トップチームも含めて、改めて意識していく必要があるでしょう。

個人のパフォーマンスにフォーカスしてみましょう

まずはチアゴです。

コンディションが上がってこないという話だったので、90分使えたというのは少し驚きでした。

FKやミドルなどで見せ場を作りました。

スピードもあることは十分わかりました。

欠かせない戦力になる可能性も感じました。

ただ現状では浩太がいうように、アクセントの範囲でしかないですね。

プレーの連続性

周りとの連携

守備の意識

これらを高める必要がありますね。

今いないタイプの選手なので、期待値は十分ですね。

後はユースの平墳選手が頑張っていましたね。

自信になったと思いますし、プロが近づいたかもしれません。

ただ、慢心せず謙虚であり続けること今後重要です。

カヌについてはCBのほうが良いかもしれないですね。

真ん中で高いボランチが欲しいというのは監督の要望でした。

その部分では機能していたかもしれません。

ただボランチにはもっと求められる仕事があります。

試合勘などもあると思いますが、昨日の段階では厳しいですね。

村田は温存という形を取ったのだと思います。

次のリーグ戦でも期待ですね。

これで札幌には3連敗となりました。

リーグ戦では勝ち点が欲しい相手です。

変な相性にならなければいいですね。

またルヴァンも連敗したので、ノックアウトステージ進出は難しいかもしれませんね。

残りの試合は位置づけを変えていくかもしれないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加