【ルヴァン仙台戦レビュー】やれていた選手は2人だけ

レビュー

ルヴァンカップは3連敗という結果になりました。

さすがに次のステージを考えるのは難しくなりました。

残り3試合ですが、エスパルスにとって試合の意味を変える分岐点かもしれません。

昨日試合を見て感じたことは、トップのメンバーとの差が開幕より広がってきているということです。

かなりパフォーマンスが低調でした。

ユースの子が入っているとはいえ、それ以外は紅白戦などで組んでいるメンバーです。

ボランチ、DFのメンバーが特に残念なパフォーマンスでした。

カヌがアップで怪我するアクシデントがあったとはいえ、厳しい結果でしたね。

失点シーンのの緩さや、バタつき方はひどかったですね。

植草が止めていたので3失点で済みましたが、決められていたら大量失点だったでしょう。

試合は立ち上がりの失点で決まってしまいました。

10人で戦わな良ければならない上に、不慣れなメンバーと不慣れなポジションではどうすることもできませんでした。

もう少し何とかしてほしかったというのが感想ですね。

ただデュークとチアゴは良かったですね。

全員の中でもレベルが上というプレーを見せてくれました。

リードされてからは、自分が何とかしなければということで、ボールを持ちすぎてカウンターの起点になってしまいました。

ただ、人数が少ないこと、周りが何もできないことを考えると、無謀かもしれませんがチャレンジととってもいいでしょう。

少なくとも昨日の全体のパフォーマンスの中では、好意的にとらえたいと思います。

特にチアゴは結果を残しました。

2試合連続のゴールです。

アシストも含めれば、3試合連続で結果を残しています。

右足で決めたのはプロ初と自身でも言っています。

プレーの幅が広がるきっかけになればいいですね。

あとはこの試合で主役級の活躍をしたのは審判でしたね。

カードがあそこまで出る試合ではなかったと思います。

出すなら基準を統一して出さないと、選手のプレーに影響が出てしまいます。

触れてもいないプレーでイエローが出たり。

アフターで狩りに行ったタックルで2枚目のカードが出なかったり。

正直めちゃくちゃでしたね。

今年初めてですね。

あのレベルのジャッジをみるのは。

デュークとチアゴの活躍はリーグにつながるものだと思います。

また日曜日に仙台と対戦する機会があります。

メンバーも違うので割り切って戦えるでしょう。

トップのメンバーに借りを返してもらいましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加