【G大阪戦レビュー】勝ち点1はポジティブにとらえますか?

レビュー

首位を伺うG大阪相手にアウェーで勝ち点1を取りました。

この試合はメンバーを3人かえて臨みました。

まずはその部分から見ていきたいと思います。

竹内が入ったことで、プレーの機会が増えました。

ビルドアップの時のポジションがよく、ボールサイドに顔を出していました。

ボール支配率を上げたのは、竹内の存在が大きいと思います。

ただ、得意の縦につけるパスについては、あまり見られなかったので、もう少し時間が必要なのかもしれません。

チームの伸びしろとして考えられる部分だと思います。

昨シーズンの柱が戻ってきたことはポジティブですね。

チアゴは得点も上げましたし、合格点と言っていいでしょう。

攻撃の時は別格の存在感だったと思います。

苦しい時に彼がいることは後ろの選手も助かると思います。

まだ連携がないので短期突破になることが多いですが、十分なパフォーマンスを見せています。

レギュラー当確といってもいいのではないでしょうか。

二見は頑張っていましたが、どうしても失点に絡んでしまいます。

苦し紛れのスルーパスで股を抜かれてしまいました。

相手のCBと比較してしまうと物足りなさを感じます。

選手をかえるチャレンジはポジティブな面が多かったと思います。

これからの上積みと考えてもいいでしょう。

では勝ち点1という結果はポジティブでしょうか?

私は相手からのプレゼントを拒否したという結果に思えます。

相手のパフォーマンスは決して良くはなかったですね。

中盤でのミスが非常に目立ちました。

高い位置でボールを奪うシーンが非常に多かったですね。

そこから決定機まで持って行ったシーンもありましたが、決め切れませんでした。

東口に抑えられてしまったといえばそれまでですが、試合を決め切れる可能性もあっただけに残念です。

同点にされてからは、G大阪のターンが続きました。

ここは良く耐えていたと思います。

そうすれば1度はチャンスは来ると思いましたが、残念ながらここも決め切れなかったですね。

気になるのは戦い方です。

金子がいないため前線からプレスがかからないこともあり、ブロックを作る形で守りました。

昨日はこれで1失点で抑えましたが、今後はどうでしょうか。

引いていながらも、簡単に裏を取られるシーンが何度もありました。

ただ、今後暑くなり運動量が落ちてくることを考えると、現実的なのかもしれません。

チアゴの存在で得点機も生まれる可能性があります。

しかしながらこの戦いでは上には行けないと、指揮官自身が言っていた戦いでもあります。

アウェーでは比較的引いているので、勝ち点が取れているという結果もあります。

チームとして統一した戦いができれば問題はないかもしれません。

4試合勝利から遠ざかってきましたし、数字でも走量が減ってきています。

戦術を修正をするタイミングなのかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【G大阪戦レビュー】勝ち点1はポジティブにとらえますか?』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2017/05/06(土) 07:28:47 ID:a3ddfc746 返信

    全くおっしゃる通りだと思います。
    完全無欠は無いので追い続けるしかありません。

    ルヴァンダービーと鳥栖戦は行けそうなのでしっかりと応援してきたいと思います!

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/05/07(日) 04:50:43 ID:47e2c1775 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    藤カラーさんの応援で勝ち点3がもたらされると良いですね。