【鳥栖戦プレビュー】謙虚に戦うことが重要

プレビュー

今日は第11節鳥栖戦です。

この試合が終わればリーグ1/3を終えることになります。

現在14位と厳しい順位です。

しかし、今日勝利できれば順位を上回ることができる相手です。

さてその鳥栖ですが、今シーズンは特徴的なデータが3つあります。

1つ目はPKが多いということです。

獲得数も献上数も非常に多いですね。

昔と違ってシミュレーションには厳しいですし、わざと貰いに行くということはないと思いますが、気を付けなければなりません。

このPKとセットプレーを合わせると得点も失点も7割に上ります。

得点はほとんどセットプレーで動いているといってもいいでしょう。

2点目はクリア数1位ということです。

奪ったらつなぐというより、蹴るということが優先になっています。

前線に豊田という強力なターゲットを活かす戦いは変わりません。

鳥栖との戦いはいつもここがポイントになります。

3つ目は走量1位です。

ホームでもアウェーでも変わらずに走ってきます。

今日の試合も、相手が走る量で上回ってくるでしょう。

いつも以上に早くボールを動かす必要が出てきます。

鳥栖は直近五試合で3勝を挙げています。

勝ちと負けを繰り返しているので、連勝はありませんが勝ち切る試合をできています。

連勝すれば一気に乗っていきそうな雰囲気があります。

逆にエスパルスは1か月勝利がありません。

ルヴァンも含めると7試合勝利がありません。

3分4敗です。

その引き分けも2つは何とか引き分けに持ち込めた試合です。

開幕当初はもっと必死さというか、熱というものがピッチから伝わってきました。

そしてこの時期は勝ち点を取れていました。

今は悪い意味でJ1になれてしまっている感があります。

あっさり失点するといった結果にも出てきています。

チーム力が下であることを受け止めて、謙虚に戦うことが必要だと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加