犬飼のケガ CBの組み合わせはどうなるか

エスパルス

少し遅くなりましたが、犬飼のケガに触れてみます。

左膝骨挫傷および膝窩筋腱損傷
全治までは4週間を要する見込み

というリリースが出されました。

DFの軸としてここまで頑張ってきましたが離脱ということになってしまいました。

少し時間がかかりそうですね。

犬飼の離脱で、基本的には二見、角田で回していくことになるでしょうか。

そこにビョン、フレイレといった外国籍選手がどう絡んでくるかといったところです。

もしかしたらカヌも復帰したらCBに入ってくるかもしれませんね。

立田もルヴァンで活躍すれば、メンバーの可能性もあるでしょう。

このように誰もがチャンスがある状況です。

仲間のケガではありますが、ピッチに立つチャンスであるとも言えます。

これを機会に代わってくる選手が出てくればいいですね。

逆に言えば出てこないと厳しい戦いになるでしょう。

これまでのパフォーマンスを見て、二見、角田では厳しそうな雰囲気もあります。

組み合わせが変われば、そこも変化があるかもしれませんが、失点に絡んだシーンが多すぎます。

明確なのはロングボールへのアプローチは弱くなるでしょう。

この対応はCBだけでなく、中盤やサイドの選手も含めて考える必要があります。

試合中のケガなので仕方がないですが、必ず誰かがいなくなるという状況は止まってほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加