【プレビュー浦和戦】終了間際の時間帯に注意

プレビュー

今日は首位浦和とアウェーでの対戦です。

浦和は何といっても得点力です。

11試合で30得点と圧倒的な攻撃力で首位のポジションを支えています。

得点パターンも豊富で、ありとあらゆる形でネットを揺らしています。

その攻撃を作るために走っているかというとそうでもありません。

走行距離、スプリント数ともに中位の数値です。

チームの型として出来上がっていると言えます。

戦術がシステマチックで、選手が順応しているのでしょう。

素晴らしいと思います。

その攻撃にエスパルスは走らされることでしょう。

浦和は今季2試合しか相手より多く走っていません。

そして浦和の得点は前半終了時と後半終了時に多くあげています。

この時間帯はポイントになりそうですね。

気温もかなり上がるので、エスパルスはより厳しい戦いになりそうです。

得点パターンで特徴があるとすれば、セットプレーからの得点が少ないということです。

セットプレーの守備が苦手なエスパルスには、データとしては良い傾向かもしれませんね。

ボール支配率が61.7%と圧倒的な保持率です。

今日の試合も一方的に相手にボールを持たれる可能性が高いですね。

そんな中、勝機があるとすればカウンターとセットプレーということでしょう。

後は相手のサイドハーフは攻撃型なので、守備にまわらせたときに上回れればというところでしょうか。

浦和も0-1で連敗をしたように、まだまだ不安定なところはあります。

まずは簡単に失点をしないということでしょう。

CBの組み合わせがかわるので不安もありますが、全員で守ることですね。

相手はクリーンシートが2試合しかないので、エスパルスも得点を取れる可能性は高いですね。

そうなれば結果は分かりません。

さいたまスタジアムでの浦和戦というと無観客試合やサポーター同士のトラブルなど、ピッチと関係ないところで話題になりました。

今日はそういうことがなく、ピッチの上だけで楽しみたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加