【レビュールヴァンFC東京戦】久しぶりの勝利と代償

レビュー

本当に久しぶりに勝利をしました。

敗退が決まっているカップ戦で勝っても何もない試合です。

ただ今のエスパルスにとっては意味があると思います。

勝利に導いたのは主力選手たちの存在でした。

彼らがボールを落ち着かせることができました。

これまでのルヴァンアップの戦いとは別のものでしたね。

全体的にボールを持った時のミスはあったものの、意図を持ったプレーができていたと思います。

相手のプレスに押されて、ボールを下げて、闇雲に蹴るということはほとんどありませんでした。

改めて控え選手との差を感じる試合となりました。

全体的に連動していくことで2TOPの良さが出ました。

特に航也は良かったですね。

得点シーンもそうですが、ワンタッチで裏を取ったり、上手くターンしたりと持ち味を出していました。

相手のCBはレベルが高い選手だと思いますが、その相手でも裏を取ることができていました。

ただテセが出てきてから、遠慮したのか目立たなくなってしまいました。

そのあたりは彼にとっての課題となるのではないでしょうか。

セットプレーで取れたのもよかったですね。

得点を挙げた村松は簡単にポジションを取れる序列にないので、すぐにスタメンということはないと思いますが、チームとしては大きいですね。

守備も集中できていたと思います。

2回真ん中を割られるシーンがありましたが、急造CBコンビも頑張っていたのではないでしょうか?

相変わらずセットプレーでわけのわからない失点をしましたが。。。

11試合勝利ナシというのは、降格した年にもありました。

下手したらそれを上回る可能性がありましたが、何とかとどまりました。

選手たちもホッとしたと言っていました。

これで勝てないプレッシャーから解放されるといいですね。

ただ消化試合で勝っただけです。

緩まないようにしっかりとコントロールが必要ですね。

また同じ相手とリーグ戦で戦うことになります。

向こうもさらにメンバーが強化されますし、メンタルの強い選手もいます。

相当な勢いで来ると思うので、強い気持ちで跳ね返すことが必要です。

後は勝利の代償です。

テセは救急車で運ばれたようです。。。

大事に至らなければよいのですが心配です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加