【レビューFC東京戦】残念な印象しかない試合

レビュー

かなり残念な試合です。

力の差というより意識の差が大きく出た試合です。

戦術や技術というよりも、もっと大きな問題が浮き彫りになったのではないでしょうか?

まず全体を振り返ってみます。

FC東京は決して良い出来ではなかったと思います。

選手間の距離が遠く、点と点でサッカーをやっている印象でした。

・自分が何かをやろうとしている

・さらに自分でプレーしやすいように、遠いフリーの位置で受けようとしている

全員の個人の能力が高いとこういう形になりがちなのかもしれません。

守る側としては狙いどころが絞りやすく、ボールに強く行けていたので、インターセプトができていたのだと思います。

エスパルスの守備が特段良かったというわけではないと思います。

そんな状況でも決定機は作られて、六反が止めていなければ大量失点の試合でした。

攻撃面では何もできなかったですね。

わずかシュート4本です。

相手のGKは一切仕事をしていないのではないでしょうか。

チアゴがとにかく空回りをしていました。

序盤のプレースキックは力が入りすぎていました。

またすべて仕掛けてしまい、ロスとするシーンが目立ちました。

テセがいればゲーム中にコミュニケーションを取って修正できたのかもしれません。

またこれまではそうしていたのだと思います。

テセ不在の影響がここに出てしまいました。

そして「残念」なのは失点シーンです。

勝負の勘所というものが欠落しているのではないでしょうか?

1失点目は相手のカウンターのスイッチが入ったときに、なぜ遅らせないのでしょうか?

あの状況ではファールをしてでも止めるシーンです。

大久保に出されてからでは遅いのは明らかです。

キッカーが最終DFをする状況になること自体おかしいですね。

2失点目はさらにひどいですね。

スルーパスから折り返しの反応は数的同数の中よく対応したと思います。

ただその後のルーズボールに対しての反応です。

なぜ2人の選手が突っ立っているのでしょうか?

明らかに遠い位置にいる相手選手が、フリーでボールを拾えるのは意味が分かりません。

自陣のゴール前での危機意識が欠落しています。

このような意識のチームでは、到底失点は減らないでしょう。

ある程度は頑張っていても、肝心なところで抜けてしまうことはこれでもありました。

簡単に失点することが多すぎますね。

他のチームではみられないような失点シーンが多すぎます。

急にうまくなれという話ではないので、きっかけ一つで劇的に変わるかもしれません。

もしくは逆に根が深く、修正が難しいことかもしれません。

ただ今はあのような失点が生まれてしまうというのが現在位置です。

ルヴァン大宮戦後に感じたがっかり感を、主力チームでも感じることになりました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【レビューFC東京戦】残念な印象しかない試合』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2017/06/05(月) 06:41:24 ID:da0b1e035 返信

    意識の問題だとしたら監督の責任も問われる状況ですね。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/06/06(火) 05:54:06 ID:f38f098a2 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。
    ここ何年も続いている傾向ですよね。
    チームの体質と言ってもいいのかもしれないですね。

  3. 名前:中年サポーター 投稿日:2017/06/08(木) 09:15:32 ID:9e66436f2 返信

    確かに危機意識が足りない選手が多いと思います。勝ち敗けは別にして反則してまで身体を張るプレーやミスパスした選手が責任を持って取り返す姿勢が観客を納得させるのではないでしょうか。

  4. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/06/11(日) 06:45:36 ID:7258a70b1 返信

    中年サポーターさん
    コメントありがとうございます。

    当事者意識も低いのかもしれないですね。
    自分がやらなければ、という気持ちを持っている選手、またそれを表現できている選手は少ないですね。