下位グループの直近の成績 エスパルスの特徴は

エスパルス

12位と13位の間が大きく離れています。

現状、13位以下が

「下位グループ=残留争い」

と言わざるを得ません。

その6チームの直近の成績を比較してみました。

13位 清水 3 0勝3分2敗

14位 甲府 2 0勝2分3敗

15位 札幌 3 1勝0分4敗

——————-

16位 広島 5 1勝2分2敗

17位 大宮 4 1勝1分3敗

18位 新潟 3 1勝0分4敗

軒並み勝ち点を落としています。

この下位グループの中で言えば、エスパルスは得点を取れている

という特徴があります。

しかし失点数は3番目の水準です。

改善点は明らかですね。

前半戦の残り3試合では甲府と札幌との直接対決があります。

ここで勝ったほうが「下位グループ」から抜け出せるかもしれません。

負ければ残留争いにどっぷりつかってしまうという状況ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『下位グループの直近の成績 エスパルスの特徴は』へのコメント

  1. 名前:藤カラー 投稿日:2017/06/12(月) 06:52:01 ID:59cfb4766 返信

    ディフェンスが安定しないのは明白なんですが、スタメンになりきれない外国籍選手もなんだか…ですねぇ。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/06/13(火) 07:38:50 ID:1046d8580 返信

    藤カラーさん
    コメントありがとうございます。

    その点はチームにとっては大誤算だったでしょう。
    お金をかけて獲得をしてきた選手たちですからね。
    後半戦はフィットしてほしいのですが。。。