【レビューC大阪戦】チームに欠ける「共通意識」

レビュー

最後の最後で勝ち点3が消えてしまいました。

良く耐えていたという表現もできますが、C大阪もかなり早い時間からプレーに焦りが見られました。

この展開では逃げ切ってほしかったですが、それができないというのが今の順位ということでしょう。

正直、90分蹴るしかできなかった試合でした。

守備的にいくということを受けて、選手たちの重心が後ろになりました。

とは言えもう少しチームで統一できていれば、もう少し押し返せる展開にもなったと思います。

いつもよりGKのクリアする回数が多かったのは、苦しくなって下げざるを得なかったということなのでしょう。

大体この辺りに蹴れば、競り合いに強い選手がいる

このあたりに落とせば、フォローがいる

という感覚的な景色が統一できていないことは明らかでした。

結局、個の単発的なチャレンジしかでき無くなります。

チアゴが4人に向かってチャレンジをせざるを得ないシーンなどはそれを象徴していると思います。

あとはつなごうとする選手、蹴ろうとする選手がバラバラなのは、ピッチでコミュニケーションが取れていないのではないでしょうか?

お互いが意図しないプレーを選択してしまうと、信頼感が無くなりかねません。

セーフティに行こうとする選手は、つなごうとしてミスした選手に対して信用しなくなります。

逆につなごうとする選手は、蹴ってしまう選手に不信感を持つかもしれません。

エスパルスには試合の展開ごとの

「共通意識」

というのが醸成されていないのでしょう。

これでは安定的に戦うことはできません。

得点が入った後の失点もこれが影響している気がします。

試合展開が変わった瞬間に、チームがバラバラになるということです。

終盤に失点するのも同様ではないでしょうか。

個人的にはテセが責任感を持って戦っていたと思います。

得点ももちろんですが、いつもより下がり目のポジションで守備に奔走していました。

チームで一番の運動量でした。

12km超える走量は今季初なのではないでしょうか。

ボールを持った時もはっきりとしたプレーで、チームに意図を伝えようとしていました。

試合後に非常に悔しがっていたシーンが印象に残りました。

こういった表現をやりっぱなしではなく、チームとしてどうすべきかもっとコミュニケーションを詰めるべきなのだと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【レビューC大阪戦】チームに欠ける「共通意識」』へのコメント

  1. 名前:通りすがり 投稿日:2017/06/18(日) 09:41:20 ID:d166cf0ff 返信

    酷い試合でした、本当に。
    別にエスパルスに頼まれて応援しに来た訳では無いし、一生懸命応援しているのだから
    勝てよとも思っていません。
    あんなプレーに対して応援しなければいけないのか?と自問自答する時間がとても長く
    コアな応援団を見ていて、もう不憫で仕方がありませんでした。
    プレーに未来を感じませんでした。
    酷い試合でした。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/06/21(水) 05:58:39 ID:c20769070 返信

    通りすがりさん
    コメントありがとうございます。

    あれでも勝ち点3が取れていれば、1つのきっかけにもなったのですが・・・
    勝てないことでプレーに自信も失っているのかもしれないですね。