【札幌戦プレビュー】ポイントは守備 中で跳ね返すチカラ

プレビュー

前半戦最後の試合です。

相手は先シーズン一緒にJ1に上がり、同じく下記で苦しんでいる札幌です。

この試合に勝利すれば、16位である札幌との差は9に広がります。

後半戦の立ち上がりは、下を気にせず戦えることになります。

しかし落としてしまうと、わずか3ポイントとなり、残留争いにどっぷりはまることになります。

そういうった意味でも、非常に大きな試合です。

エスパルスは無失点に抑えられるかどうかがポイントです。

今季の4勝はすべてクリーンシートです。

「失点しない」

これに尽きると思います。

札幌の得点パターンはセットプレーからですね。

46%がセットプレーからのものです。

そこにクロスからの得点を入れれば70%を超えます。

クロス数はリーグ3位の数字です。

アーリーを含めてウイングバックがバンバンクロスを入れてくるイメージがあります。

この攻撃を防ぐには、真ん中ではじき返すチカラが必要です。

今のエスパルスには高さと強さの守備が備わってきました。

カヌは都倉やヘイス相手でも負けないでしょう。

その後のセカンドボールの処理が重要です。

こぼれ球を押し込まれたりということがないように、跳ね返した後の反応スピードが御ピントになるでしょう。

相手の守備はJ1では通用していないですね。

ここまで16試合で15試合で失点しています。

エスパルスも得点を取れるチャンスは十分にあるでしょう。

その機会でしっかりと決めることで勝利へ近づきます。

この試合のポイントは

「失点をしないこと」

ですね。

真ん中でしっかり跳ね返して、セカンドを拾う。

金子が出場したら、相手も蹴るボールが多くなります。

そのボールもしっかり対処して、しっかりとつないでいくことができれば得点も生まれるはずです。

前半戦を連勝で終えたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加