【G大阪戦プレビュー】個が無くなることで距離感の意識が変わるかも

プレビュー

後半戦の初戦は25周年記念マッチです。

ただエスパルスは2TOPを欠いた試合となります。

正直これまでとは違った戦いになるでしょう。

ポイントとなるのは選手の距離感だと思います。

個の力で運ぶことはないですし、ターゲットもありません。

今まで以上に受け手のポジションが大切になります。

ボランチとサイド

サイドとトップ

ここの距離感をどう取るかによってゲームが変わるでしょう。

最近運動量が落ちてきていますが、この試合では運動量も求められます。

相手は中2日が続いているので、勝機があるとすればここでしょう。

テセとチアゴがいれば預けて終わりということがありました。

しかし今日はそういうわけにはいきません。

これで意識が変わって、ポジション取りが変わればチームは活性化するかもしれません。

ビルドアップのCBのポジションがよくないことも変わってくるかもしれません。

相手もスカウティングが効かない状態でもあります。

もしかしたら立ち上がりにバタつくかもしれません。

そこで決定機を迎えたときに決められるかどうかですね。

ここは正直今日のメンバーでは物足りない部分ではあります。

不安もだらけではありますが、距離感という意味で意識が変わればいいかと思います。

勝ち点3を期待したいですが、変化を見る試合にもしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加