【レビューG大阪戦】全員が戦い続けてつかんだ勝利

レビュー

25周年記念試合、後半戦最初の試合を勝利で飾ることができました。

エスパルスの出足が非常によく、前半は決定機を全く作らせませんでした。

前線からの守備がはまり、局面でもしっかりを身体を張って、強い守備というものを見せることができました。

その中でセットプレーから得点を挙げ、2-0で折り返すという最高の展開となりました。

高さはエスパルスに分があったのでチャンスは確実にあると感じられました。

一番ファーで二見が全部競り勝って中に戻せていました。

あのように徹底して振られると、G大阪の守備は厳しかったと思います。

その中で一番強いカヌが中に落として松原の先制点が生まれました。

狙い通りの形だったと思います。

ポイントはサイドの起点でほとんど競り勝っていたことです。

相手の右サイドバックとデュークの競り合いがポイントになっていました。

ロングボールでもスローインでも、全て勝っていました。

その後拾えなかったとしても、エスパルスの選手のベクトルが相手ゴールに向くので、ラインもコンパクトにできますし、先手を取って守備ができるようになります。

その中で全員手を抜くことなくハードワークをしていました。

ここも大きなポイントです。

しっかりとしたファーストポジションを取って、そのうえで連動したプレスに行けていました。

その守備でG大阪の攻撃は裏に蹴るしかなくなりました。

そのなかで枠内シュートがありましたが、コースをしっかり限定できていました。

六反も良いセーブで防いでくれました。

G大阪の長谷川監督の狙いが外れたのではないでしょうか?

コンディションを考慮して、動けるうちに得点を挙げて、カードを切りながら逃げ切るというプランだったのではないでしょうか?

スタートから遠藤を使ってきた狙いはそこだと思います。

しかし機能せず、後半開始から2枚カードを切らざるをえなくなりました。

相手のDFも緩かった気がします。

テセ、チアゴという2TOPと比較すると、金子、長谷川は実績では見劣りします。

そこで相手はそこまで厳しく守備をしてこなかったですね。

コンディションもあると思いますが、気持ちよくプレーができたします。

2人とも途中で変わりましたが、非常に良い働きをしていたと思います。

固定化しつつあったFWに競争が生まれるのではないでしょうか?

全員が集中を切らさずに90分間戦い続けました。

手放しで応援できる姿勢でしたね。

特に枝村の献身さはすごかったですね。

この戦いができたというのを、今後に向けてのきっかけになってほしいですね。

非常に良いゲームでした!

個人的な話ですが、私の最高の誕生日プレゼントになりました(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加