【天皇杯3回戦レビュー】相手の前への推進力は学ぶべき点

レビュー

注目の相手にしっかりと勝つことができました。

相手の印象は

「前への推進力がすごい」

という印象です。

チーム戦術の根底に「走れる」ということがあるのだと思います。

全員が自信をもって前に飛び出してきます。

そしてエスパルスの選手の間と間にどんどん入ってきます。

ボールホルダーはいくつも選択肢がある状況です。

こうしてしっかりとしたポジションが取れるのは、ボールを失ってからでも走力でカバーできる自身があるのでしょう。

ただ、中に向かっていくプレーはいいのですが、サイドや裏に出すボールの精度はやはり下位のカテゴリのチームの技術でした。

J1のカテゴリで見ることはあまりないミスパスが多かったですね。

ただこれまでの戦績が示すように、県リーグのチームのレベルではなかったですね。

非常に学ぶところもあったと思います。

と、勝ったからこういうことを言えるのだと思います。

正直、前半の決定機で六反がビッグセーブをしていなければどうなったかわかりません。

はじめて組む2TOPや、直前で変わったDFラインの影響もあって、守備が緩かったですね。

相手が勇気をもって入ってきたのは事実ですが、どこで締めるかというのはチームとしてなかったですね。

クロスに対しても角田が棒立ちになっているシーンなどは、ちょっと見ていてあり得なかったですね。

攻撃でももう少しつなげることができればいいのですが、蹴ってしまうことが多かったですね。

それでも前で収まればいいのですが、昨日はテセで収まることがほとんどなかったですね。

パスがつながったときはチャンスになっていたので、もっとできればいいのですが、単調な攻撃が多かったですね。

終了間際の時間の使い方も残念でした

もっと自信をもって回してキープをできると思うのですが、切ってしまうことが多かったですね。

前半、後半ともに入りがよく、立ち上がりで得点を取れたことは素晴らしいですね。

危ないシーンや、相手の時間帯も多かったですが、無失点で終えたことも良かったですね。

中断期前の試合だったので、主力選手を使えてよかったと思います。

メンバーが揃えることができなければ、更に注目を集める存在にしてしまったかもしれません。

次のステージに駒を進められたことは素直に喜びたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【天皇杯3回戦レビュー】相手の前への推進力は学ぶべき点』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/07/14(金) 21:09:19 ID:40a09b742 返信

    「~ですね」で、「ね」を使いすぎです。柔らかい表現にしたいんでしょうが
    読みにくいのでもう少し控えてください。