【前半戦分析1】対戦成績から見る傾向と後半戦への対策

分析

18節までの順位表と対戦成績をまとめてみました。

前半戦のエスパルスの傾向と後半戦への対策は見えてくるでしょうか。

1  C大阪  ▲

2  鹿島  ●

3  川崎  ▲

4  柏   ○

5  横浜FM ●

6  G大阪 ▲

7  磐田  ●

8  浦和  ▲

9  神戸  ●

10 FC東京 ●

11 鳥栖 ▲

12 清水 -

13 仙台 ●

14 甲府 ○

15 札幌 ●

16 大宮 ▲

17 広島 ○

18 新潟 ○

9位以上には

1勝4分4敗 勝ち点7(0.77)

10位以下には

3勝2分3敗 勝ち点11(1.37)

上位チームから勝ち点を取れていないというのがわかります。

下位チームとの対戦成績はそれほど悪くはありません。

ただ残留争いを考えたときに直接対決となるので、もっと勝ちたいですね。

少なくとも負けを引き分けにはしておきたいところです。

上位チームとの初戦となったG大阪戦は見事に勝利しました。

8月までは6試合中5試合が上位チームとの対戦です。

夏場の連戦で厳しい戦いとなりますが、どこまで勝ち点を取れるでしょうか。

今シーズンの最終目標が決まることになりそうです。

注意を目指せるのか?

残留争いとなるのか?

この中断期の準備が大切になります。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加