【前半戦分析3】ボールの支配率と勝ち点の関係

分析

今日は前半戦のボール支配率についてみてみたいと思います。

平均のボール支配率は

44.3%

でリーグ16位の数字です。

基本的には相手に保持されることが多いということになります。

そんな中でも相手よりボールを支配した試合は6試合あります。

ボールを支配できた試合ですから、優位に試合を運んだということになりそうです。

その6試合の成績はこの通りです。

1勝1分4敗

成績が非常に悪くなっています。

しかも負けた試合は札幌戦を除いた3試合で3失点をしています。

磐田戦

仙台戦

横浜FM戦

先制されてから、攻めこんでカウンターで仕留められた試合です。

ボールを支配する展開にしてはいけないということです。

「攻→守」の切り替えが遅いというのが顕著になっています。

守備で耐える時間が長いほうが、チームとしてしっかりと戦えてきたというのが如実に表れていますね。

ちなみに勝利した4試合の支配率は以下の通りです。

広島戦 36.3%

新潟戦 59.1%

柏戦  37.0%

甲府戦 43.4%

甲府に支配率で下回るというのは、昔では想像できなかったですね。。。

今のチームカラーは守備で耐えるチームということです。

セットプレーで得点が取れるようになってきたので、割り切って戦えば勝ち点は積みあがるかもしれません。

今日は支配率と戦績の関係を分析してみました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加