【前半戦分析4】エスパルスのゴールパターンの変化

分析

今日はゴールパターンを見てみたいと思います。

エスパルスのゴールパターンです。

セットプレー 6  31.5%

クロス 3     15.7%

スルーパス 3   15.7%

30m未満パス 2  10.5%

ドリブル 2    10.5%

30m以上パス 1  5.2%

PK 1       5.2%

こぼれ球から 1  5.2%

これが前半戦の得点パターンです。

変化してきているのは

セットプレー

からの得点です。

G大阪(CK)

甲府(CK)

C大阪(スローイン)

と3試合連続でセットプレーからの得点です。

開幕当初はセットプレーで取られて、セットプレーで取れないという試合が続きました。

今はセットプレーが武器にもなりつつあります。

G大阪戦はファーサイドにいる二見がほとんど競り勝っていました。

得点には結び付きませんでしたが、非常に多くのチャンスを作っていました。

今のメンバーは

テセ、カヌ、デュークがターゲットとして中にいます。

相手のCBはここにつかざるを得ません。

二見には相手の4番手の選手がつくことになるので、ある程度のボールであれば勝てそうです。

さらに天皇杯のように長谷川が入ってきたら、ミスマッチはもっと生まれます。

またカヌがかなり強いですね。

G大阪戦、甲府戦の得点ではカヌが競り勝ってのゴールです。

相手も警戒してくるようになると思います。

そうなれば立ち上がりはショートコーナーで目先を変えておいて、中盤から中に入れていく

こんな工夫も効いて来るでしょう。

トリックプレーもはまるかもしれないですね。

ただ、CKからのカウンターはまだ不安定なので、相手の位置に合わせたポジション取りなど工夫が必要です。

中断期間にはこの辺りの精度を高めてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加