【前半戦分析5】一番パス交換をしているコンビは

分析

今日は「パス交換」を見ていきたいと思います。

サッカーのプレーのほとんどはパスです。

ではどこで一番パス交換が行われているのでしょうか?

パス交換ランキングです

1位 六平→鎌田 110

2位 鎌田→六平 86

3位 竹内→松原 75

4位 松原→竹内 75

4位 野津田→松原 75

全てボランチとサイドバックのパス交換です。

自陣でサイドバックはフリーになることが多いので、傾向としてはこうなりそうです。

この数値を見る限り、サイドハーフがビルドアップに絡めていないということがわかります。

またCBがボランチにつけることも少ないことも証明しています。

個人的にはボランチ同士のパス交換がもっともっと増えるべきだと思います。

真ん中でパス交換ができる状況というのは、非常に良い距離感が保てているといえるでしょう。

パス交換をして少しずつラインを上げたり、片方のサイドに寄せたりできます。

隙があればくさびのパスや裏へのパスを打てます。

エスパルスがボールを保持している時間は、六平と竹内の2人が前を向いてパス交換ができていることが多いです。

後半戦はそういうシーンを多く見たいですね。

ちなみに首位のC大阪のパス交換1位はボランチ同士のものです。

チームスタイルはありますが、前向きにボランチがプレーできるチームは、安定したチームと言えるでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加