中断明けに向け絶好調の2TOP

エスパルス

昨日、45分×3の練習試合が行われました。

1本目は攻撃陣が爆発して5得点をあげました。

大学生が相手とはいえ、この結果はポジティブなものだと思います。

テセが4ゴール

長谷川が2アシスト

と結果を残しました。

長谷川がG大阪戦と天皇杯のいわきFC戦で良い動きをしています。

昨日の練習試合でも結果を残しました。

チアゴの離脱の穴を十分すぎるほど埋めています。

改めてサイズの重要性というものを感じます。

2枚サイズのあるFWだと、どちらかが下りても、サイドに流れてもターゲットが真ん中に残ることができます。

相手の強いDFは真ん中に残ったFWにつかなければなりません。

そうなると、サイドや少し降りたポジションでは起点を作ることができます。

今は長谷川も収まるので非常に機能しています。

周りを使う意識も強いので、中盤の選手も飛び出していくことができます。

しばらくは対戦相手もスカウティングデータがないので、ハマる可能性があります。

練習試合でも2TOPの関係で得点が取れたのは好材料です。

テセ-チアゴでしか点が取れなかったチームですが、新たな形が生まれつつあります。

とは言え2本目で3失点をしているのはいただけないですね。

その辺りがまだまだ弱い部分です。

その辺りの課題を詰めていって後半戦に臨んでほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加