【レビュー横浜FM戦】上位相手に2度追い付き勝ち点1

レビュー

豪雨の中の試合は2-2のドローとなりました。

逆転勝利を伺える雰囲気もありましたが、アウェーで上位チームから勝ち点1をとったという試合だと思います。

正直、思ったより攻め込まれたという印象です。

相手のパススピードと縦につけるスピードが速く翻弄されました。

特にトップ下の選手を捕まえきれずに、裏を取られるシーンが何度もありました。

その流れで1つだけしか失点をしなかったのは、良く守ったともいえるのかもしれないですね。

しかし1失点目は進歩がないといわざるを得ないですね。

なぜカウンターの起点を潰さないのでしょうか?

別の場所でイエローもらうくらいなら、あのシーンでファールをしてほしいですね。

シュートシーンでも6人がいましたが、あっさり決められます。

左足で絶対に打たせてはいけない場面です。

コースを消す、振り切らせない、ということはできる場面です。

その直後も

簡単クロスを上げられる

競り切らずシュートされる

というシーンであわや連続失点でした。

相手は押し込んでいるし「勝てる」という意識が強くなっていたと思います。

更にPKを獲得して確信に近づいたと思います。

ただ六反がこの流れを止めました。

このプレーが後半の戦いの変化を生み出しました。

後半は迫力のある攻撃を展開できました。

ただ残念なことに、決め切るまでには至りませんでした。

同点シーンは見事でしたが、他にも決定機はたくさんありました。

1つでも奪えれば最高の逆転劇となり、今後の勢いもついたのですが、まだまだこれからです。

ただ、堅い相手に2度追い付いたというのは評価してよいと思います。

逆転の雰囲気までだせましたからね

また、セットプレーでは攻守に強さを示しました。

ただカウンターでの弱さも露呈しました。

後半戦の勝ち点を左右する大きなポイントになりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加