【レビュー鹿島戦】何もできなかった試合

レビュー

鹿島戦はなすすべなく敗れた、そんな試合でした。

引いて戦うことを選択したのですが、その意識が必要以上に強すぎた感があります。

ルーズボールに対して人任せのプレーが非常に多かったですね。

立ち上がりからお見合いをするシーンが数多くみられました。

引いて締める戦術の悪い傾向がはっきり出ました。

まず、相手のボランチに誰もいけない。

両ボランチに自由を与えてしまいました。

FWがプレスバックする指示は出ていたと思いますが、カウンターを考慮したポジションを取ればなかなか行けなくなるのでしょう。

またサイドも引くことになり、中盤が空いている状況です。

竹内、増田のあたりで2対3の数的優位を作られていました。

その辺りにバンバン縦パスを入れられて、守備が全て後手に回りました。

このような展開になれば相手のペースで試合が運ばれるのは当然です。

そしてひどい失点シーンがまた繰り返されました。

CBの間を簡単に割られて抜け出されるという失点シーンです。

CBの弱さによる失点が続いています。

正直今の2人では厳しいのかもしれないですね。

引いてから攻撃にもっていくのは相当にしんどかったですね。

ボールに絡んだ選手が独力で何かしなければならず、100以上の力を連続して出さなければ前に運べない状況でした。

結果、何もできなかった。

同一リーグでここまで差があると感じさせられる。

そんな試合でした。

これで5試合連続複数失点をしています。

その試合で勝ち点は4です。

守備はどうにかしないと、勝ち点は積みあがらないですね。

メンバーの編成も含めて考えなければならないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加