【レビュー浦和戦】局面で負け続けると厳しい

レビュー

先制をしたものの、複数失点を喫し逆転負けという結果でした。

浦和のビルドアップに対しては、上手く対処できている部分もありました。

特に右サイドに出たときの鎌田の対応が良く、相手の戻させるシーンが何度もありました。

とは言え、回しながらスペースとフリーの選手を見つけすスタイルに対して、連動してプレスがかからないと穴を見つけられてしまっているので、相手のペースであったということは間違いないですね。

もう少し回しているところでひっかけられるといいのですが、守備のポイントが後ろになってしまいました。

CBのメンバーを替えましたが、複数失点をしたということで効果はなかったですね。

ちょっと二見が厳しいですね。

相手は得点ランキングトップとは言え、興梠に好きなようにやられました。

通常、相手FWとCBの関係では、ほとんどCBが勝つ中で、90分通じてFWが隙をつく

というものですが、昨日は逆でした。

ほとんどのプレーで興梠に上回られました。

カバーリングやポジショニングなどで最低限の仕事はしていますが、肝心のマッチアップで負け続けては厳しいですね。

相手DFとエスパルスのFWの関係と比べれば、差は歴然です。

長谷川と金子が個の力で相手を上回るシーンはなかったはずです。

こうなるとコマ不足は言うことになりますが、言っても仕方がないですね。

このことが上位チームとの対戦が続いて、明らかになったということでしょうか。

2週間インターバルがあるので、そこでけが人が戻ってきてくれるといいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『【レビュー浦和戦】局面で負け続けると厳しい』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/08/28(月) 09:42:21 ID:8098da6af 返信

    選手もサポも耐えるしかないですね。

  2. 名前:さいとぅーん 投稿日:2017/08/30(水) 05:21:41 ID:18ab4c607 返信

    コメントありがとうございます。

    守備ではもっと耐えてほしいですね。