主なけが人たちの実績

エスパルス

終盤戦に向けてのカギの1つにけが人の復帰があります。

主なけが人の実績(出場試合数)をまとめてみました

犬飼 121試合(2012-2017)

河井 145試合(2012-2017)

テセ 67試合(2015-2017)

チアゴ 10試合(2017)

白崎 128試合(2012-2017)

出場試合数だけを見ても、経験と実績がある選手たちです。

早期に良いコンディションで合流をしてくれれば、戦力アップになることは間違いありません。

指揮官の信頼も高い選手たちだと思います。

白崎は合流してすぐに出場機会を得ました。

守備も崩れていますし、長谷川と金子の2TOPもスカウティング情報が増えてことが要因かもしれませんが、攻撃で機能しなくなってきています。

全治の予測期間はとっくに過ぎているので、中断明けぐらいで戻ってきてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加