【プレビュー甲府戦】お互いに我慢が続く試合

プレビュー

2週間ぶりにリーグが再開します。

エスパルスは上位陣の対戦が続いたこともあり3連敗中です。

欲を言えば連敗を止めた形で、中断に入りたかったですね。

ただチームの雰囲気に引きずっている感はないようです。

逆に切り替える時間と確認する時間があったということで、プラスの要素となったでしょうか?

さてここから下位グループの相手との対戦が続きます。

その1戦目ともいえる試合が今日の甲府戦です。

甲府はリーグ6位の失点数です。

順位は下ですが守備力で勝ち点を拾っているチームと言えます。

クリーンシートも7試合あります。

そのうちホームでのものは6試合になります。

今季4は勝全て無失点によるものです。

守備の際に5バックになって守るスタイルは、ずっと続いてますね。

その中でもセットプレーからの失点が多く占めています。

40%以上がセットプレーからの失点です。

逆にクロスからの失点はわずかに1です。

跳ね返す力がないわけではありませんが、セットプレーの守備ではぶれているようですね。

ここは徹底的に狙っていくべき点です。

後は5バックの間を割られての失点も目立ちます。

スルーパスやゴール前のショートパスから崩されての失点も40%あります。

この辺りも堅いイメージがあったかもしれませんが、意外ともろい面もあるということです。

エスパルスとしてはクロスよりも、バイタルをどう攻略するかがカギになりそうですね。

その流れからセットプレーを取れれば、さらにチャンスが広がるというイメージです。

CBの外国籍選手が出場停止となるので、この辺りも影響があるかもしれません。

前回の対戦では勝利したものの、甲府にボールを握られてのものでした。

これまでの対戦では考えられませんでしたが、今日もそういう展開も考えられます。

リーグを通してのボール支配率はエスパルスは17位ですからね。

ただその展開になったとしても、相手は攻め手を持っていないという印象があります。

一発のあるFWがいますが、その展開では中々活きないかもしれません。

エスパルスとしてはじっくり戦えばよいと思います。

お互い我慢が続く試合となりそうです。

ただし先制点だけは与えてはいけないですね。

相手のペースで90分過ぎてしまう恐れがあります。

今日の結果は非常に大事な試合です。

勝てば下位チームに全勝、ということを目指す自信になります。

しかし、落としてしまうと自信を失い、焦りも出てくる展開になりかねないですね。

連敗も複数連続失点もこの試合で止めてほしいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加