第28節を終えた時点での数字分析

分析

第28節を終えた時点での数字分析です。

勝点 29 13位(1.03)

得点 31 13位(1.14)

失点 45 14位(1.66)

得失点-14 15位

降格ラインまでポイント2

ついに降格ラインが目の前にきました。

これまでは捕まりそうでしたが、1ゲーム以上の差がありました。

そして今はポイントは2差です。

次節にも降格圏に落ちる可能性があります。

勝負どころである広島、大宮との残留争いチームとの直接対決の内容と結果がお粗末すぎます。

ここで勝ち点6を取れていれば、残留を確定できていたにもかかわらず、勝ち点はわずかに1です。

テセとチアゴが戻ってきたというタイミングですし、十分勝負できるはずでした。

しかし自らで首を絞めた結果といえるでしょう。

ここからはもっと硬くなるでしょう。

2年前を悪い意味で経験している選手が多いですからね。

簡単にあの時の状態に戻りかねません。

広島戦、大宮戦のレビュー記事のタイトル通りとなってしまいました。

16位をめぐるチームの中で、一番パワーがないチームとなっているのが現状です。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加