直近の試合から浮き彫りになった降格濃厚チーム

エスパルス

残留争いは完全に13位以下のチームに絞られました。

エスパルスは順位的には一番上ですが、降格ラインとのポイント差は2です。

ほとんど差はないといってもいいでしょう。

夏の中断明けから10試合が経過しました。

その数字を分析すると、今後の残留争いの行方が見えてくるかもしれません。

明らかに勝ち点を伸ばせていないチームが3チームあります。

このままいけば、この3チームが降格濃厚となります。

以下が19節以降の成績です。

(現在順位、勝ち点、勝敗、得失点差)

13位 清水  8  2勝2分6敗 -10

14位 札幌 12 3勝3分4敗 -3

15位 広島 16 4勝4分2敗 +3

16位 甲府 11 3勝2分5敗 -4

17位 大宮  7  1勝4分5敗 -7

18位 新潟  4  0勝4分6敗 -10

得失点差

負け数

はエスパルスは最下位です。

勝った2試合も奇跡的な2勝です。

C大阪戦は2点差を逆転したもの

甲府戦は圧倒的に攻められるも、デュークの奇跡のヒールパスで勝利

これは勝ち運と呼んでも良いものですが、今のエスパルスに勝ち運は残っているでしょうか?

数字的に厳しいという現実の1つが浮き彫りになりました。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加