【ダービー特集1】お互いに低い支配率 どちらがボールを保持するのか?

エスパルス

次節のダービーはわずかに残っていたチケットも売れて、全席種完売になりました。

1週間以上前に完売になるというのはいつ以来でしょうか?

今回のダービーは今までとはお互いにチームスタイルが異なる印象です。

それは

「ボール支配率」

にあります。

今年のこれまでのボール支配率は

エスパルス 43.8% 16位

磐田 45.2% 15位

となっています。

チーム成績を考慮すれば

エスパルスはボールが持てない

磐田は持たせている

ということになりそうです。

ボール試合率が50%以下で9位以上に入っているのは

C大阪、鳥栖、磐田

この3チームです。

この3チームは持たせているというチームスタイルと考えてよさそうです。

ダービーでは持てないチームと持たせるチームとの対戦となります。

どちらがボールを保持するでしょうか?

エスパルスの選手も繋げないわけではないので、ボールを保持しても戸惑いはなさそうです。

ただ腰が引けた戦いをしてしまった後なので、どうなるでしょうか?

チームとして引くのか、つないでいくのかをはっきりする必要があります。

この終盤にきてバラバラ感は非常に危険です。

この2週間のインターバルで明確にしなければなりません。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加