【ダービー特集2】磐田の安定感の秘密

エスパルス

磐田とエスパルスの成績比較です。

磐田 13勝8分7敗 得点41 失点26 得失点差+15

清水 7勝8分13敗 得点31 失点45 得失点差-14

このように差をつけられています。

磐田はぎりぎりACLを狙える位置にとどまっています。

一方エスパルスは言うまでもなく、残留争いにどっぷり浸かってしまいました。

磐田の安定感はセンターラインの安定に他ありません。

GK カミンスキー

DF 大井健太郎

MF 中村俊輔

FW 川俣堅碁

システムを3バック、4バックと変えて戦っていますが、このメンバーは安定をしています。

プレーデータを見てもこの4人の数値は上位の数値を示しています。

補強が成功した形ですね。

また両ボランチもブレていないので、安定した成績を残せています。

エスパルスのセンターラインで出場し続けているのは

GK 六反

くらいのものです。

ケガによりメンバーが揃わなかったもありますが、安定とは程遠い状況です。

コンスタントに出続けているのはサイドバックの2人です。

ようやくメンバーが戻ってきました。

しかし目の前の勝ち点が必要な状況で、メンバーをセットするのか、相手によって変えるのかの選択が難しいところです。

皆さんも現状

「頑張っていはいるけれど・・・」

という評価の選手が多いと感じているのではないでしょうか?

指揮官はどう決断するのでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加