【ダービー特集3】勝負する時間は後半に来る

エスパルス

ダービー特集第3弾です。

今日は時間帯別の失点にフォーカスをしてみます。

( )はロスタイム

磐田 総失点26

1分~15分   2

16分~30分 3

30分~45分 4

46分~60分 6

61分~75分 5

76分~90分 6(2)

清水 総失点45

1分~15分   7

16分~30分 6

30分~45分 4

46分~60分 6

61分~75分 11

76分~90分 11(5)

サッカーの傾向としては終了間際の失点が多いという特徴があります。

エスパルスも60分以降の失点が目立ちます。

後半ロスタイムの失点は仙台に続きワースト2位です。

守り切れないというよりは、最近はダメ押しされるということが多いですね。

立ち上がりに失点をして、取り返そうとして取り返せない。

そして最後に力尽きる。

というのが如実に表れているデータです

磐田は失点が少ないチームですが、後半に失点が偏っています。

65%が後半の失点です。

ダービーでは立ち上がりの失点は避けるべく、堅くいくべきです。

そして後半に勝負という形が理想なのかもしれません。

それならチアゴをベンチスタートでもよいかもしれないですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加