【ダービー特集5】磐田の不思議 軒並み数値が低いのだが

エスパルス

引き続きダービーに関するテーマに触れてまいります。

相手の磐田に対して特徴を探そうとデータを見ていました。

不思議な事に上位にいるにもかかわらず、特筆したものが全く見当たりません。

ボール支配率 15位

攻撃回数 17位

アタッキングサード進入回数 14位

ドリブル数 18位

パス数 14位

シュート数 10位

枠内シュート数 10位

やはりセットプレーでゲームを決めていることが多いことがわかります。

PKも含めると55%がセットプレーによる得点です。

直接FK数 6位

間接FK数 2位

CK数 8位

セットプレーが多いのが特徴です。

セットプレーからの22得点というのはC大阪に次いで2位の数字です。

屈指のキッカーがいることを最大限に活かした戦いができているということです。

セットプレーがカギになることは間違いありません。

直前のトレーニングでは徹底的に対応する必要があります。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加