【プレビュー磐田戦】失敗を恐れずに楽しむこと

エスパルス

降格ラインまでポイント2差という苦しい状況での2週間のインターバルでした。

インターバル明けの試合がダービーということは良かったのかもしれません。

他のゲームよりモチベーションは良い状態でトレーニングできたのではないでしょうか?

今日の試合のポイントは

「前半のセットプレー」

でしょう。

エスパルスはどれだけ集中しても、立ち上がりに失点をしてしまうことがあります。

この失点だけは必ず避けなければなりません。

相手も狙ってくるところでもあるので、このせめぎあいがポイントです。

もちろんファールをしないような守備が求められます。

ただ腰が引けたような守備では付け込まれるだけです。

まずは相手にやられないということが基本だと思います。

セットプレーからの得点が多いのは事実ですが

「ファール=失点」

とういうわけではないですからね。

気になるのは審判のジャッジの傾向です。

流してくれる審判だといいのですが、倒れただけで笛を吹く審判だと嫌ですね。

満員のスタジアムの雰囲気も悪くなってしまいます。

選手たちは早々にジャッジの基準を見極める必要があります。

非常に大切な試合ですが、失敗を恐れず楽しめばいいのではないでしょうか?

ビビッて戦っていては良い結果は生まれません。

0.1秒早く動く

1メートルでも多く走る

これを創り出すのはポジティブな気持ちだと思います。

相手を1つ1つのプレーで上回れば結果はついてきます。

4年ぶりのアイスタでのダービーをみんなで楽しみましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加