ついに支配率がリーグ最下位に あえてそこに光明を

エスパルス

エスパルスはボール支配率がついにリーグ最下位となりました。

平均ボール支配率が43.6%です。

ボール支配率が30%という試合もあるくらいですから当然といえば当然です。

昔のスタイルを知っている人からすれば、少し寂しさがあるかもしれませんがこれが現実です。

今の指揮官と選手でやれるサッカーがこの結果です。

しかし面白いデータがあります。

支配率最下位のエスパルスでも、9試合相手よりボールを支配していた試合があります。

つまり支配率50%以上の試合です。

その時の戦績はどうでしょうか?

ボールを持っているので、結果につながっていると思います。

しかし結果は

1勝1分7敗

という結果です。

しかも複数失点は6試合あります。

先制され、引いた相手を崩せずカウンターで決められる

という試合が想像できます。

この結果を見ても、相手にボールを持たれてOK

というくらいで残り4試合戦ったほうがよさそうです。

つなごうとしても、攻撃の型がないのでうまくいかないでしょう。

むしろミスが出る確率だけが増える気がします。

テセが戻ってくれば、蹴ったボールを収めてくれることもあるでしょう。

そこから裏に飛び出せれば、少しはチャンスを作れるかもしれません。

そういったゲームプランを崩さないためにも、徹底的に守ることを重視すべきです。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加